和の素材についても学ぶ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.10.08
和の素材についても学ぶ

それぞれの専門分野ごとに学んでいくのが東京製菓学校の強みですが、他のジャンルの技術に触れる経験として「交換授業」も取り入れています。

191008-1.jpg

今回洋菓子本科2年生では、梶山 校長が担当して和菓子の特別授業を行なっていました。

191008-4.jpg

最近は和の素材を用いた洋菓子も数多く見受けられますよね。

191008-5.jpg

豆の煮方や餡づくりはもちろん、桜餅や赤飯、白玉ぜんざいなどの特徴ある代表的な製品づくりを通して、米や穀粉といった和菓子ならではの素材とその活かし方を学んでいきます。

191008-3.jpg

また、練切を用いた上生菓子づくりを通して、大事なものを中へ中へと閉じ込めていく和菓子ならではの考え方や、色彩センス、デザインなどについても触れていきますよ。

191008-2.jpg

将来、直接和菓子をつくる機会はなかなかないと思いますが、今後新しいお菓子のアイデアを発想する際などにオリジナリティを発揮するキッカケとなってくれればと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >基本技術を徹底的に練習します
次の記事 >お互いを高め合う「交流授業」

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」