より多くの方々に喜んでもらうために
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.09.25
より多くの方々に喜んでもらうために

国際化、情報化が進み、たくさんの国々の食文化が交錯する時代にあって、実は和菓子もさまざまな進化を遂げています。

特に洋菓子のテイストや素材を組み合わせた和菓子は、今や当たり前のものとして定着していますよね。

190924-1.jpg

本校和菓子科ではヌーヴェル和菓子と呼んでいる、さまざまな洋風仕立て和菓子を授業に取り入れています。

190924-2.jpg

今回は和菓子本科2年生で、さつまいもとパイ生地を用いた製品「小倉芋」をつくっていました!

190924-3.jpg

より多くの方々に喜んでもらうために。
新しいお菓子づくりに、終わりはありません。

190924-4.jpg

変わらぬ味を守ることも大切、新しい視点からのお菓子づくりも大切なんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >箱根セミナーハウス宿泊研修で感性を養う
次の記事 >ハード系のパンづくりが始まってきました

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」