1年生と2年生の交流授業も実施しています
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.06.20
1年生と2年生の交流授業も実施しています

プロの現場では、人を育てていくことも大事な仕事。

先輩が後輩を指導して、その後輩がまた後輩を指導して、職場の中でお互いが協力し合って、仕事を円滑に進めていけるようにしていくことが大切です。

190619-1.jpg

パン本科では、そういった状況も踏まえて、1年生と2年生が半分ずつに分かれて、2クラスで交流授業を実施しています。

190619-3.jpg

2年生は昨年同じように先輩に教えてもらったことや、実際の製品づくりの際のポイント、作業をする上での注意点を、自分たちの言葉で伝えてくれていました。

190619-4.jpg

逆に1年生も、これから迎える初めての実技試験のことや、インターンシップや就職活動のこと、先日行ってきたばかりのドイツ研修のことなど、それぞれに気になることを聞くことができたみたいです。

190619-5.jpg

パンづくりの技術やノウハウは、これから練習をしていくことで身につけていけますが、言葉の選び方や接し方など、コミュニケーション能力も同時に意識していく必要があります。

190619-2.jpg

お互いがお互いを理解して、パン職人として共に高め合っていけるとイイですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >素材を学び、幅を広げる
次の記事 >たくさんの失敗を重ねながら成長していく

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」