交換授業で幅広い知識と技術を知る
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.05.10
交換授業で幅広い知識と技術を知る

昼間部では専門分野以外のことについても、幅広い知識と技術を身につけてもらうために「交換授業」を実施しています。

190509-5.jpg

パン科の教室では、和菓子本科2年生の学生がパンの実習です!

190509-1.jpg

パン屋さんの設備と和菓子屋さんの設備は全然違います。
例えば、折り込み生地をつくる「リバースシーター」。
和菓子でもパイ生地を使用する製品もありますが、こういった大型の機械はほとんど使うことはありません。

190509-2.jpg

今回はこの生地で、クロワッサンにトライしました。

190509-3.jpg

さらには自家製餡と酒種でつくる酒種あんぱんも。

190509-4.jpg

普段から行なっている包餡作業はさずが和菓子科!といった感じでしたね。

190509-6.jpg

一方、和菓子科の教室では、パン本科2年生たちが和菓子づくりに初挑戦!

こちらも慣れない設備「平鍋」でどら焼きに挑んでいました。

190509-7.jpg

さすがにスムーズな作業とはいきませんでしたが...
みんな楽しんで実習していましたよ!(^^)

190509-8.jpg

今回、製餡の授業も行なっていただいたので、こちらも自家製餡でのあんぱんづくりを行なう予定です。

お互いにそれぞれの特長や製法、設備についても学ぶことができたかな?

今後、新しい商品を開発する「創作研究」の授業も控えていますので、こういった機会に何かヒントを得てもらえたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >プロの仕事を意識してつくる
次の記事 >プロと同じ設備で、プロと同じつくり方を

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」