芸術的なアメ細工をつくり上げる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2019.02.04
芸術的なアメ細工をつくり上げる

パティシエの生み出す芸術ともいえる「アメ細工」。
その美しやと華やかさは、まさに芸術そのものですよね。

一般的には社会に出てから限られた人だけが勉強していくステップですが、洋菓子科2年生では一人ひとりがじっくりと自分の作品づくりに取り組んでいける時間を設けています。

190204-11.jpg

今回は、スワンとバラの花を課題に作品づくりを行なっていました。

190204-12.jpg

煮詰めたアメを引いて空気を含ませてカタチづくるシュクル・ティレと、アメの中に空気を吹き込んで膨らませながら思い通りのカタチに仕上げていくシュクル・スフレの技術を確認していきます。

190204-13.jpg

なかなか難しいテクニックなんですが、みんな美しいスワンとバラをつくり上げてくれていました。

190204-14.jpg

前回はヌガーも用いたフランス独特のウェディングケーキ「クロカン・ブッシュ」もつくっていましたよ!

190204-15.jpg

学生時代だからこそ、こういったテクニックについてもしっかりと時間をかけて基本技術を修得していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >本当の意味で「わかる」ために
次の記事 >和菓子研究会「四季会」を開催しています

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」