基本から徐々に応用へ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2018.09.14
基本から徐々に応用へ

洋菓子本科1年生では、基本となるさまざまな生地づくりを学んでいます。

そして実習の中で、徐々にですが複数の製品を同時進行でつくるようになってきています。

180912-2.jpg

今回は「クッキー」と「カステラ」の2品。

ちょうどカステラがオーブンに入っている間に、クッキー生地の仕込みをしていました。

1809123.jpg

仕事としてお菓子をつくっていく上では、準備や片付けも含めて、決められた時間内にいかにまわりと協力し合って、効率よく作業を進めていくかがとっても大事なんです。

180912-1.jpg

基本を学びつつ、徐々に応用へ。

少しずつですが、でも着実に進化していっています!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >和菓子の命「餡づくり」
次の記事 >サンドイッチも学んでいきます

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」