同じ製品をたくさんつくれるようになるために
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2018.07.19
同じ製品をたくさんつくれるようになるために

早いもので昼間部は明日が1学期最後の授業となります。

パン本科1年生の実習では、徐々に複数の製品を織り交ぜながら、限られた時間内で効率よく作業を進めていくようになってきました。

180719-1.jpg

今回は、セサミブレッドとセサミロール、ウインナーロール、ホワイトロールの4種類の製品をつくっています。

180719-4.jpg

つくる種類や量が増えれば、その分やらなければならないことが増えていきます。

また、パンはデリケートないきもの。
時間的な制約もありますので、スムーズに作業を進めていかなければなりません。

180719-5.jpg

でも、雑な作業をするわけにはいきません。

また、何も考えず漠然とつくっているだけでは、技術は上達しません。

180719-3.jpg

パン生地と対話しながら、しっかりと変化や状態を把握する。

日々の練習から、常に同じ品質の製品をつくることを心掛けてつくる。

180719-2.jpg

そういった意識をもって、パンと向き合っていけるようにすることが、たくさんつくる本当の狙いなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >初の生クリーム製品!
次の記事 >和菓子で季節の風景を表現する

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」