パンと真摯に向き合う
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2018.06.26
パンと真摯に向き合う

パンに関するありとあらゆることを学んでいくパン本科では、国内外からプロの方々にお越しいただく実技講習の授業も充実しています。

180622-1.jpg

先週は、東京・世田谷区の名店「ベッカライ・ブロートハイム」よりオーナーシェフの 明石 克彦 先生にお越しいただき、特別授業を行なっていただきました。

180622-3.jpg

おそらく日本のパン屋さんで明石シェフを知らない人はいないので?と思われるほど、その存在はとても大きく、日本のパン業界の先頭に立って牽引されてきた方なんです。

180622-4.jpg

何か特別なことをしたり、特別な材料を使っているわけではなく、ただ一つひとつの作業を大切に。

当たり前のことを、当たり前に行なう。

180622-5.jpg

そのパンに対する真摯な姿勢を目の当たりにして、学生たちも多くのことを感じられたのではないでしょうか。

180622-2.jpg

また、今回は明石シェフの下でお世話になっている、本校卒業生の 成P 優 さん(パン本科2016年卒)と 青 航 さん(パン本科2018年卒)にも、一緒にお越しいただいていました。

この時期はすでに就職活動を始めている学生も多く、身近な先輩方から実体験や、現在の仕事の様子を伺えたのも本当にありがたい時間でしたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >基本の技術を一つひとつ丁寧に
次の記事 >自然と手が動くレベルを目指して

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」