多彩な素材を使っていきます
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2018.06.13
多彩な素材を使っていきます

パン科の実習では、ほとんど現場と変わらない状況や条件を整えて行なっていきます。

例えば、使用する小麦粉だけでもさまざまな種類がありますよね。

お店によっては、一種類の小麦粉でつくることもあれば、パンに合わせてブレンドしたりと使い分けられています。

180611-21.jpg

だからパン科でも、一般的に多くのお店で使われているものから、健康志向を全面に打ち出したお店で用いる有機栽培のものなど、さまざまな素材を用いてパンづくりをしていきます。

180611-22.jpg

ちなみに今回の実習でつくっていたバゲット。
使っていたのは、フランス産の小麦粉です。
普段よく使っているアメリカ産やカナダ産のものとの違いを、実際につくって学んでいきます。

さらにはフランスの塩、水もフランスの水の硬度に合わせて高ミネラル水を使用します。

180611-23.jpg

生地の状態や扱い方に違いがあるのか。
もちろん、味わいにもどんな違いがあるのか。

実際につくってみて、その違いを肌で感じて味わって、どんな現場でも対応できる真の実力を鍛えていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >旬の素材をよりおいしく
次の記事 >今年も小麦収穫に行ってきました

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」