バウムクーヘンも焼き上げていきます
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2018.05.28
バウムクーヘンも焼き上げていきます

実習の中でありとあらゆるケーキをつくっていく洋菓子本科2年生の実習では、バウムクーヘンもつくっていきます。

最近ではバウムクーヘンの専門店もありますが、専用のオーブンを導入して商品ラインナップに加えているお菓子屋さんも見受けられますよね。

180528-1.jpg

洋菓子科の教室にもバウムクーヘン専用のオーブンがあるんですよ。

他の製品づくりと並行しながら、回転する軸に生地を一層一層かけながら焼いていきます。

180528-2.jpg

ドイツ語で「バウム」は「木」、「クーヘン」は「ケーキ」のこと。

その名の通り、断面はきれいな木の年輪のような模様が出来てくるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >失敗も今だからこそできる大事な経験
次の記事 >和菓子の新たな扉を開く!

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」