基礎を身体にしみこませる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2017.12.14
基礎を身体にしみこませる

世間はクリスマス一色ですが、和菓子本科1年生ではその先のお正月をテーマにした、6種類の上生菓子に取り組んでいます。

171214-1.jpg

今回はそのうちのひとつである「薯蕷饅頭」を、型を使用して絵馬のカタチに仕上げていきます。

171214-2.jpg

薯蕷饅頭は、膨張剤等は使用せず大和芋の力で浮かせる難易度の高いお饅頭です。

171214-3.jpg

なんといってもポイントは、生地の固さの調節。
生地を触った時の手の感触や、叩いてみてその音や弾力を確認したりと、かなり経験を積んでいかないと身につけることができないような職人技が必要なんです。

171214-4.jpg

季節やイベントごとに、さまざまなバリエーションの薯蕷饅頭をつくる中で、そういった基礎をしっかりと身体にしみこませていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >自家製パン種を用いたパンづくりも
次の記事 >これまで学んできた技術をフル活用!

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」