頭と身体に覚えさせていく
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2017.11.27
頭と身体に覚えさせていく

パンづくりはとってもデリケートなもの。

実習中に手を動かして体験する、さまざまな失敗と発見をしっかりと理解して、頭と身体に覚えさせていくことが大切です。

171127-1.jpg

パン本科1年生では、一つひとつの作業を丁寧に、確認しながら進めていくようにしています。

171127-2.jpg 171127-3.jpg

今回の実習では、ブルーベリーベーグルとコーンパン、そしてもう今月すでに何度目かのフランスパンです。

171127-5.jpg

フランスパンに代表されるハード系のパンは、材料がいたってシンプルなだけにとっても難しい分野です。

丸めや成形などの生地の扱い方ひとつで、まったくといっていいほど違う製品になってしまいます。

171127-7.jpg

だからこそ、何度も何度もトライして、ベストなノウハウを体得していきます。

パンづくりに近道はありません。
じっくりと一歩ずつ、着実に進んでいきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >伝統を知り、和菓子づくりに活かしていく
次の記事 >全員、資格取得していきます

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」