トップパティシエに学ぶ実技講習
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2017.11.22
トップパティシエに学ぶ実技講習

第一線で活躍されているプロのパティシエを招いての実技講習も、東京製菓学校の特長のひとつです。

昨日今日の2日間、洋菓子本科2年生の授業には、日本を代表するパティシエの方々がいらしてくださっています。

171122-1.jpg

まずは、代々木上原の有名店 アステリスク から 和泉 光一 シェフにお越しいただいての、チョコレートピエスモンテの特別授業です。

理論に裏打ちされた技術はもちろんですが、驚くほどキレイなその仕事ぶり、流れるようにスピーディーな作業...そして、つくり上げられる作品のクオリティ!

171122-2.jpg

国際コンクールなどを通して培ってきた経験や感覚は、日頃の仕事の中でも活かされているといいます。チョコレートの性質をしっかりと理解しているからこそ、さまざまな技法や製品などへと応用していけるんですね。

171122-6.jpg

和泉シェフが最近見つけたという新しい技術も、惜しげもなく学生たちに披露してくださっていましたよ。

171122-5.jpg

そして、見事なアメ細工のピエスモンテをつくり上げてくださったのは、新百合ヶ丘にある人気店 パティスリー・エチエンヌ の 藤本 智美 シェフ!

ダイナミックでありながら繊細なその作業は、思わず息をのんで見入ってしまいます。学生たちも授業の中でアメ細工での作品づくりを行なってきているからこそ、その凄さや違いがよく理解できたようです。

171122-7.jpg

さらに、プロのパティシエとしての、ものづくりの技術者としての、仕事に対する姿勢や心構えなどについてもお話してくださっていました。

171122-4.jpg

技術的に素晴らしいものを観たり、経験されてきたさまざまなことを知り、吸収していって欲しいのはもちろんなのですが、プロの世界の仕事に対する厳しさを知ってもらうことも、学生たちにとっては大事な勉強なんです。

人間的にもプロとしての自覚を持ったパティシエへと成長していってくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >いろんなドーナツが勢揃い!
次の記事 >伝統を知り、和菓子づくりに活かしていく

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」