素材を学び、幅を広げる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2017.11.13
素材を学び、幅を広げる

パンを2年間、あらゆる現場を想定して学んでいくパン本科では、近年注目の集まる国産小麦についても、しっかりと取り組んでいきます。

今年もパン本科1年生の学生たちが、毎年ご協力いただいている農家にお伺いして、小麦の種蒔き研修に行ってきました!

171110-11.jpg

まずは農家の方から、国産小麦についてのお話や、今回の種蒔きの際の注意点などを教えていただきました。

171110-13.jpg

普段当たり前のように何気なく使用している小麦。
ですが、本当に長い期間とさまざまな工程を経て、やっとパンづくりの材料として使用できているんです。

そのことに、改めて感謝の気持ちを抱いてくれていたらうれしいですね。

171110-12.jpg

さぁ、そしていよいよ畑へ。

この広大な敷地に、クラスみんなで手分けして種蒔きを行なってきました。

171110-15.jpg

今回種蒔きを行なったのは「ゆめかおり」という品種の小麦。

171110-14.jpg

順調に発育してくれれば、年明け1月後半くらいになったら麦踏みに、そして6月くらいには刈取りを行なう予定です。

そして、来年の秋くらいには、実際に授業の中でパンづくりへと取り入れていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >肌で学ぶ小豆の収穫
次の記事 >餡・甘納豆を使用したスイーツ・パンコンテスト

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」