日本の文化も感じながらつくる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2017.09.06
日本の文化も感じながらつくる

和菓子は、季節の節目ごとに暮らしの中に根づいてきました。
そういった側面にも目を向け、その背景を理解していくことも大切なことです。

170906-1.jpg

今日の和菓子本科1年生の実習でつくっていたのは、練切製の「乙女菊」。

170906-2.jpg

菊は日本の代表的な花の一つです。
一般的にはちょうどこの時期「秋」に多弁の花を咲かせます。

来週9月9日の「重陽の節句」も、別名「菊の節句」といわれているんですよ。

170906-3.jpg

練切餡を練る作業や餡を包む作業、さまざまな形をつくる技術は、本当に難しい技術なんです。

170906-5.jpg

一年を通じてその時期ごとに合ったモチーフで、いつもそばにいる担任の先生に手ほどきを受けながら、何度も何度も練習していきます。

170906-6.jpg

和菓子本科2年生でつくっていたのは「おはぎ」。
「おはぎ」は、9月のお彼岸のお菓子ですよね。

今回は、定番のこしあん・つぶあんに、抹茶・栗もまじえた4種類の「おはぎ」をつくっていました。

170906-7.jpg

和菓子科では普段の実習から、日本の文化や季節感も意識できるように、実習の製品を取り上げているんですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >国産小麦を使用したパンづくり
次の記事 >和菓子の世界の奥深さを身をもって知る

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」