学生だからこそ本物をつくる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2017.05.15
学生だからこそ本物をつくる

洋菓子本科2年生では、昨年1年間かけて修得してきた基本技術の応用と、さらなる高度なテクニックを学んでいきます。

実習でつくる製品には、伝統的なヨーロッパ菓子はもちろんですが、日本独自のテイストや嗜好を取り入れたものなど、常に今を見据えた新しいニーズも取り込んでいます。

170515-5.jpg

今日の洋菓子本科2年生では、まさにそんな製品!

170515-4.jpg 170515-6.jpg

今やヨーロッパにおいても広く認知されるようになった「ゆず」を使ったケーキ「アグリュウム」と、シナモンやナツメグなどの香辛料を入れたオーストリアのクッキー「ペルティクス・ギフェリィ」です。

170515-7.jpg

学生だからこそ、本物をつくる体験を。その中で、だんだんとパティシエの仕事が見えてくるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >ドイツ研修に行ってきます!
次の記事 >就職セミナーを開催しました

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」