アイスカットについても学んでいきます
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.11.18
アイスカットについても学んでいきます

世界を代表するコンクールのひとつ「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」などにおいても、アントルメ・グラッセと氷彫刻の部門があるように、アイスカットの技術は今やパティスリーの世界で必須の技術となりつつあります。

161118-1.jpg

そこで洋菓子本科2年生では、「パティスリーヨシノリアサミ」のオーナーシェフ 浅見 欣則 先生にお越しいただき、アイスカットの特別授業を行なっています。

浅見シェフは、フランス国家最高職人M.O.F.コンクール「グラシエ」部門においてフランス人以外で初めてファイナリストにまでのぼりつめた経歴も持つ、まさに日本を代表する洋菓子職人のお一人。

161118-2.jpg

ケーキ職人をパティシエ、チョコレート職人をショコラティエ、そしてアイスを専門とした職人のことを「グラシエ」と呼ぶんです。

161118-4.jpg

氷はやり直しのきかない一発勝負。

見ているだけでもドキドキしてしまいますが、一緒にやらせていただいた学生はかなり緊張していたと思いますよ。

161118-3.jpg

大きな氷柱が浅見シェフと学生たちによって、徐々にその姿を変えてきました。

思わず触りたくなっちゃいますよね。(^^)

161118-7.jpg

なかなか簡単にできようになるものではありませんが、その技術の一端を垣間見ることができ、これまで経験されてきたさまざまなお話を伺えるのも貴重な時間です。

161118-5.jpg

ラストは浅見シェフの演出により、氷が新たな輝きを放っていきます!

161118-6.jpg

完成した作品がコチラ!ス、スゴイッ!!(@_@;


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >さまざまな種類のドーナツをつくっていきます
次の記事 >ショコラ実習もはじまっています

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」