手順を考えながらつくる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.11.15
手順を考えながらつくる

お菓子屋さんでお菓子をつくる場合は、家庭でつくる時とちょっと違います。

161115-1.jpg

つくる量や種類もそうですが、いかに効率よく手際よく、複数の作業をしていくかということが大切になってきます。

161115-4.jpg 161115-5.jpg

そのため、徐々にそういった部分も意識しながらつくれるように、日々実習に取り組んでいるんですよ。

161115-2.jpg 161115-3.jpg

今日の洋菓子本科1年生では、さつまいものタルトとコンヴェルサシヲンという古典菓子、さらにパイ生地のシュークリームの3品を一日かけて手順を考えながらつくっていました。

161115-6.jpg

もちろん担任の先生方は常にそばにいます。
でも、自分たちで考えながら手を動かしていけるように、実習の中で訓練しているんですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >プロの仕事から多くのことを感じてください
次の記事 >さまざまな種類のドーナツをつくっていきます

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」