パンに関わるすべてを学ぶ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.09.26
パンに関わるすべてを学ぶ

これまでパン本科1年生では、基本となる食パン類やロール類、菓子パン類、調理パンなどを学んできましたが、いよいよ折り込み生地のパンやヨーロッパ伝統のハード系のパンなどが始まってきました。

160926-1.jpg

今日の実習は初めての「クロワッサン」と、「フランスパン」、さらに初めて石窯も使用して「パン・ド・カンパーニュ」をつくっています。

160926-2.jpg

中でも、「フランスパン」や「パン・ド・カンパーニュ」に代表されるようなハード系のパンは、シンプルな配合だからこそ扱いが難しいパンでもあります。

160926-3.jpg

多様化するお客様のニーズに応えていくため、あるいは他店との差別化を図るために、日本のパン屋さんで扱うパンは、とてもバラエティに富んでいますよね。

素材の質もバリエーションも、製造方法も、世界中のあらゆるパンの技術が日本に集まり、日々磨かれていっています。

だからこそ本校のパン科では、2年間かけてパンに関わるすべてを学んでいきます!

160926-6.jpg

少しずつ製品の難易度を上げていきながら、しっかりと技術を自分のものにできるまで。

これから何度も何度も、くり返し練習していきますよ。

160926-4.jpg

ガンバレ、未来のパン職人たち!!(^O^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >新たなスイーツを生み出す!
次の記事 >自然と手が動くようになるまで

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」