和素材を活かしたパンづくり
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.05.17
和素材を活かしたパンづくり

今日のパン本科2年生では、和素材を活かしたパンづくりを行なっています。

160517-1.jpg

実は先週、和菓子本科2年生との交換授業でした。
和菓子づくりを通して、和菓子によく使用される和の素材について学んできました。

160517-2.jpg 160517-3.jpg

今回は、それらの素材を使用したパンづくりなんです。
今日使用している餡や鹿の子豆の蜜漬け、求肥などは、実際に自分たちで仕込んだものをパンに使用しているんですよ。

160517-6.jpg

これらのトッピングやフィリングなどの素材についても、自家製にこだわって商品を展開されて他店との差別化を図っているパン屋さんも多く見受けられますよね。

160517-4.jpg 160517-5.jpg

今後パンづくりには、さまざまなパンを生み出す応用力がますます必要になってきています。

そこでパン科の実習でもつくれる素材に関しては、そのつくり方についてもしっかり学んでいきます。

もちろん手間も時間もかかってしまいますが、技術の向上と学生の創造力を伸ばしていくためには大切な授業ですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >マジパン細工の練習中です
次の記事 >細部まで丁寧に仕上げていきます

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」