節句も意識しながら学んでいきます
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.04.27
節句も意識しながら学んでいきます

和菓子科1年生では、定番製品を通してさまざまな和菓子づくりに挑戦していきます。

160427-1.jpg

今日の和菓子本科1年生では、来週5月5日の端午の節句、こどもの日に食べられる代表的なお菓子のひとつ、「柏餅」をつくっていました。

なんで柏の葉なんだろう...って思ったことありませんか?
柏の葉は新芽が出るまで古い葉を落とさないことから、家系が絶えないようにという願いが込められているんですよ。

160427-2.jpg

ちょうど今の時期に和菓子屋さんでは、柏餅やちまきなど端午の節句にちなんだ商品が並んでいますよね。

和菓子屋さんと同じように和菓子科でも節句を意識しながら、その時期のお菓子にもチャレンジしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >均一な製品をつくること
次の記事 >お菓子の道は一日にしてならず!

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」