ふわっふわの共立てスポンジ!
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.04.07
ふわっふわの共立てスポンジ!

洋菓子本科1年生では、いよいよ実習です!

洋菓子科では、まず基本中の基本となってくる、さまざまな生地類を学んでいきます。

今回は卵を卵白と卵黄に分けずに、そのまま全卵で泡立てていく「共立てスポンジ」7号サイズを一人1台つくっていきます。

160407-1.jpg

ミキサー等の機械はまだ使いません。

ちょっと大変なんですがホイッパーを使って手で泡立てて、生地の状態の変化をしっかり確認しながらつくっていきます。

手から伝わる生地の重さやツヤ、ボリューム、タイミングなど、それらの感覚を身体で覚えていくことが大切なんです。

その変化をしっかりと理解してからじゃないと、ミキサーをどこまで回せばいいのかがわかりませんよね。

160407-2.jpg

しっとり&ふわっふわのスポンジが焼きあがってきました!

160407-3.jpg

お菓子づくりには必ず理論が存在します。

うまく出来上がるためにも、失敗してしまうのにも、それぞれ必ず理由があるんです。


こうするとどうなるのか、なぜこうするのか、といった理論を、しっかりと理解しながら学んでいきます。

パティシエへの道はまだ始まったばかり。
これから一歩ずつ着実に成長していきましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >まずはレクリエーションから
次の記事 >パン生地に触れ、パンを知る

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」