時間も意識してつくっていく
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.02.02
時間も意識してつくっていく

洋菓子本科1年生では、あらゆる洋菓子の基本となる技術をベーシックな製品、約200種類を通して学んでいきます。

1年生も今くらいの時期になってくると、複数の製品を同時進行でつくっていくようになります。

160202-1.jpg

今日のこちらのクラスでは、なんと4品!

160202-2.jpg

これまでにも何度もつくってきたムースケーキ、タルト、パウンド、焼き菓子を手順を考えながら、一日かけてグループの中で協力し合ってつくり上げていきます。

160202-4.jpg 160202-3.jpg

昼間部の授業は、50分×8限が授業時間。
朝は8:30から1限目がはじまって、夕方の16:30まで。

長いように感じるかもしれませんが、洗い物や教室内の掃除・片付けも含めて、ちゃんと授業時間内に終わるように進めていきます。

160202-5.jpg

仕事として、プロとしてお菓子をつくっていく上で、ちゃんと時間通りに進めることも大事なことですよね。

だから、普段の授業から時間も意識して、効率良く進めていく訓練をしているんですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >国産小麦でのパンづくり
次の記事 >商品価値のある製品を目指して

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」