新たなパンを考える「創作研究」
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.01.20
新たなパンを考える「創作研究」

日々新しいパンが次々と生まれ、進化を続けるパン業界。

160120-1.jpg

市場動向も読みながら、新たなパンを考えていくことも大切なことです。

160120-6.jpg

東京製菓学校パン本科2年生でも、学生ならではの柔軟な発想を活かして「創作研究」の授業を行なっています。

160120-9.jpg

これまで学んできた製品や料理、お菓子の要素なども取り入れて、成形や配合、製法をすべて自分たちで考え、先生にアドバイスもいただきながら試作を繰り返してオリジナルレシピを完成させていきます。

160120-2.jpg

羽根つき餃子からヒントを得た新しいチーズ焼きカレーパン、お米を取り入れた新たなパン、たこ焼き風パンなどの調理パンや、イチゴ大福パン、大胆にリンゴを丸ごとつかったデニッシュ、あんと生クリームのデニッシュなど菓子パン類も。

160120-7.jpg 160120-8.jpg

見た目も味も本当に楽しみなパンが次々と誕生しています!!

160120-5.jpg 160120-4.jpg

もちろんつくるからには商品として成り立つように、ただつくるだけではなく原価計算までもしっかり行なっていきますよ。

160120-3.jpg

もしかしたら、この中からも未来の大ヒット商品が生まれるかもしれませんね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >氷に命を吹き込むアイスカットの技術
次の記事 >たくさんの失敗を重ねながら

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」