氷に命を吹き込むアイスカットの技術
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2016.01.15
氷に命を吹き込むアイスカットの技術

「アイス」の技術も、今やパティスリーの世界では必須の技術となりつつあります。

今日の洋菓子本科2年生では、「アイスカット(氷細工)」の特別授業を行なっています。

160115-1.jpg

特別講師として、昨年10月に念願の自店「Patisserie Yoshinori Asami」をオープンされた本校の卒業生 浅見 欣則 先生にお越しいただきました。

浅見シェフは、フランス・ストラスブールにある「キュブレー」にてシェフパティシエとして活躍されていた際に、フランス国家最高職人M.O.F.コンクールの「グラシエ」部門に挑戦され、フランス人以外の外国人として食の分野では初めてファイナリストにまでのぼりつめた経歴も持つ、まさに日本を代表する洋菓子職人のお一人なんです!

フランスの国家最高職人章M.O.F.とは、フランス文化のもっとも優れた継承者にふさわしい高度な技術をもった職人に与えられる章のことで、日本で言えば人間国宝に相当するような大変名誉あるものなんですよ。

そんな、プロの技術をこんなに間近で垣間見ることができる、本当に貴重な機会なんです。

160115-2.jpg

なんと、学生たちにも道具を貸してくださり、直接指導してくださっていました!

160115-3.jpg

学生たちと浅見シェフの手によって、大きな氷柱がどんどんと形を変えて命を吹き込まれていきます。

160115-4.jpg

まるでクリスタルのように輝きを放つ作品は、本当にため息が出るほど美しい仕上がりに!!

160115-6.jpg

今年も、サロン・デュ・ショコラへの出展も控えたお忙しい時期にお越しいただき、本当にありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >オーガニック料理を学ぶ
次の記事 >新たなパンを考える「創作研究」

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」