技術を身体にしみこませる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.11.24
技術を身体にしみこませる

材料の配合や入れるタイミング、発酵の取り方や焼成方法など、パンづくりはとても繊細で難しい技術なんです。

難しいものだからこそ、しっかりと自分のものとして理解していくためには、くり返しつくる方法が一番の近道です。

特に、どこのパン屋さんでも扱うような基本の製品に関しては、それこそ何度も何度もくり返し練習していきます。

151124-1.jpg

今日のパン本科1年生では「バターロール」をつくっています!

151124-2.jpg

もう何度目かもわからないくらい、何度もつくっている製品のひとつです。

生地を巻いて、型に入れずに焼く小型のロール類の中でも、基本中の基本となる製品でもあります。

151124-3.jpg

今回は少し期間が空いて久しぶりだったこともあり、最初のうちはだいぶ苦戦していたようです。(^^;

でも、作業を進めていく中ですぐに感覚を取り戻していましたよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >はさみ菊の練習をしています
次の記事 >世界レベルのアメ細工技術

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」