パンのおいしさをより引き立てる技術
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.11.11
パンのおいしさをより引き立てる技術

パン本科では、パンを学んでいく上で必要となってくる、さまざまな要素を授業に取り入れています。

151111-1.jpg

今日、パン本科2年生で行なっていた「料理」の授業もそのひとつ。料理のスペシャリストでもある、洋菓子科の大木先生による特別授業です。

151111-2.jpg

なんと、今回はサーモンやチーズ、チキン、ベーコンなどを、料理専用教室にあるスモーカーを利用して燻製にするところから行ない、自家製スモーク製品を活用したサンドウィッチをつくっていました。

151111-4.jpg 151111-6.jpg

市販のものを使用するよりも手間と時間はかかりますが、その分おいしさは格別です!

151111-5.jpg

近年はカフェベーカリーやイートイン形式の店舗も増えてきましたよね。

パン屋さんでも、サンドウィッチに使用する具材にもこだわり、他店との差別化を図っているお店も多く見受けられます。

これからのパン職人には、こういった部分まで含めてトータルで提供できる技術も必要になってくると思います。

151111-7.jpg

さらに、自家製カツを挟んだカツサンドや、ビーフストロガノフまで!

主役であるパンをより引き立てるためにも、レシピの幅を広げるためにも、パン本科ではこういった部分まで授業の中に取り入れているんですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >バリスタゼミナールを開講しています
次の記事 >アメ細工の練習中です

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」