じっくりと時間をかけて取り組んでいきます
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.10.30
じっくりと時間をかけて取り組んでいきます

今やパティシエにとって必須の技術とも言える「アメ細工」。
「アメ細工」と一言いっても、さまざまな技法やアレンジがあるんですよ。

151030-3.jpg

今回はその中のひとつ、フランスの伝統的なウエディングケーキ「クロカンブッシュ」をつくっていました!

クロックとはカリカリした、アン・ブッシュとは口のことで、口の中でカリカリ食べるという意味なんだそうですよ。

151030-1.jpg


ヌガーでつくった台の上に、小さく絞ったシューを円錐状に積み上げたもので、アメでつくった飾りやドラジェなどを飾りつけていきます。

151030-4.jpg 151030-5.jpg

プチシューを正確に絞ってつくる技術、細かい部分のパイピング技術、そしてヌガーやアメ細工の技術まで、さまざまな技術を身につけてきたからこそつくれる作品なんです。

151030-7.jpg 151030-6.jpg

洋菓子科2年生では、昼間部も夜間部も、アメ細工の授業が約1ヶ月半もの期間組み込まれています。

151030-8.jpg

なんとなく想像できるかと思いますが、アメ細工は特に難しい技術です。さすがにサラッとやっただけでは、しっかりとマスターすることはできませんよね。

だからこそ、学生のうちにじっくりと時間をかけて、基本の技術と知識を学んでいきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >高度なパンづくりへとレベルアップ!
次の記事 >お菓子を均等に、キレイに切り分ける

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」