自分たちの小麦でパンをつくる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.09.01
自分たちの小麦でパンをつくる

約1ヵ月半の長い夏休みを終えて、いよいよ今日から昼間部も2学期がスタートしました!

150901-1.jpg

パン本科2年生の2学期最初の授業は、昨年の秋に種を蒔いて今年の6月に収穫した自分たちの小麦を使用したパンづくりです。

150901-2.jpg

今年栽培してきたのは「ゆめかおり」という品種の小麦です。

昨年までとは違った品種ですので、たんぱく質の含有量など多少違いがあるため、生地も切れやすかったりするみたいです。

150901-4.jpg

当然、主な材料である小麦が変わればパンの出来上がりにも影響してきます。

そのへんも様子をみながら、食パンやフランスパン、クロワッサン、菓子パン類を実際につくっていきます。

150901-3.jpg

パンを専門的に、2年間かけて学んでいける環境だからこそできる授業です。

150901-5.jpg

主原料である小麦をつくるところから、パンとして出来上がるまでの一連の工程を身をもって学ぶことで、生産者の方々の苦労や想いも知り、パンづくりができる喜びも感じて欲しいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >一人ひとりが考えて仕上げていきます
次の記事 >時には思い切りの良さも大事なんです

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」