石窯でつくる『ナン』
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.07.10
石窯でつくる『ナン』

今日の夜間部 パン専科2年生では、石窯の舎に設置しているナン焼成用タンドールを使用して「ナン」をつくっていました!

150710-6.jpg

ナンは、インドや中近東でよく食べられている平べったいカタチをしたパンの一種です。タンドールという壺のかたちをした窯で、内壁に貼り付けて焼き上げていきます。しっかりと貼り付けて、手早く作業を進めないと焦げてしまいますので、結構難しいんですよ。

150710-7.jpg 150710-9.jpg

もちろん、一緒に食べることが多いカレーもちゃんとつくっていますよ!(^V^)/


150710-8.jpg

パン屋さんでタンドールを使用しているところはあまりないかもしれませんが、もともとのつくり方をちゃんと知ってもらうために学校ではホンモノの設備を使って授業を行なっているんです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >アシェット・デセール
次の記事 >トップパティシエの夜間部授業

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」