パスティヤージュでの作品づくり
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.07.08
パスティヤージュでの作品づくり

洋菓子本科2年生では、「パスティヤージュ」での作品づくりもはじまってきています!

150708-6.jpg

「パスティヤージュ」とは、ウェディングや誕生日ケーキのディスプレイなどをつくるときに用いられる装飾菓子のひとつで、シュガークラフトとも呼ばれるものです。

150708-3.jpg 150708-4.jpg

粉糖やゼラチンなどをよく練り合わせて、ペースト状にした生地を均一にのばして、模様をつけたりしたパーツをつくっていきます。

150708-2.jpg

この生地、乾燥するとカッチカチに固まるんですよ!

だから、こんな感じで立体的に作品をつくっていくことができるんです。

逆に、乾燥しやすいので、延ばしてから手早く型抜き作業をしていかなければいけないんです。

今回は、レンガの模様をつけてつくったパーツを組み上げて、一人ずつ教会をつくりあげていきます。

150708-1.jpg

将来、現場に入ってこういった技術が必要になった時には、すぐ作業に取りかかれるように、今のうちに基本の技術をしっかりと身につけていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >平鍋菓子の基礎技術
次の記事 >アシェット・デセール

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」