お互いの良い部分を学んでいきます
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.06.18
お互いの良い部分を学んでいきます

東京製菓学校では、洋菓子・和菓子・パン、それぞれの専門分野ごとに学科が分かれているのが特長ではありますが、お互いの良い部分を学んで視野を広げていくために「交換授業」も行なっています。

150618-1.jpg

今日は和菓子本科2年生とパン本科2年生の学生たちが教室を移動して、「交換授業」を行なっています。

150618-2.jpg 150618-3.jpg

和菓子本科2年生では、パンづくりを通してパンの特長でもある発酵を中心に、生地づくりから分割、成形、焼成といったパンづくりの基本を一通り学んでいきます。

150618-5.jpg 150618-4.jpg

お饅頭などでも使用される酒種を使った食パンやあんぱん、和菓子の素材としてよく使われる米粉や蓬、抹茶、サツマイモなどを使用したパンなどを中心に、クロワッサンなどの折り込み生地製品や各種のフランスパンまで、幅広いバリエーションも学んでいますよ。

150618-7.jpg

一方、パン本科2年生では、菓子パン等にも使用される餡や求肥、大納言の蜜漬けなど、和菓子ならではの技術を活かしたフィリングづくりを学んでいました。

150618-8.jpg 150618-11.jpg

こだわっているパン屋さんでは、これらのフィリングまで手間暇かけてつくっているお店もありますよね。今回つくったフィリングも、来週パンの教室に戻ってからの授業でパンづくりに活かしていくんですよ。

150618-10.jpg

もちろん、利休饅頭や栗饅頭、わらび餅、どら焼きなど、代表的な和菓子製品にもチャレンジしていました。

こういった機会が新たな和菓子やパンを生み出すきっかけになってくれたらうれしいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >ラッピング技術も身につける
次の記事 >自然と手が動くようになるレベルまで

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」