ラッピング技術も身につける
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.06.17
ラッピング技術も身につける

お菓子屋さんにおいては、贈り物をよりステキに演出するラッピングの技術が必要不可欠です。

季節感やイベントなどの催事の演出においても大変重要になってきますよね。

150617-1.jpg

今日の洋菓子本科2年生では、ラッピングコーディネーターとして活躍されている 本田 洋子 先生にお越しいただいて、「ラッピング」の特別授業を行なっています。

150617-2.jpg

包み方の基本から、包装紙の取り方、各種リボンのつくり方、袋を使ったラッピングなど、実用的な内容を幅広く教えていただいています。

150617-3.jpg 150617-6.jpg

また、包装紙やリボンでラッピングしていく際に、その色のバランスも大事ですよね。

穏やかで落ち着いた感じに仕上げるときは同系色や類似色を合わせるなど、色の関係を知ることで、バランスの良いラッピングにしていくことができます。

150617-4.jpg

包み方ひとつで気持ちの伝わり方も変わってきます。

商品の形状や中身、冠婚葬祭や誕生日など、その目的や状況に応じて包み方も使い分けされているんですよ。

150617-5.jpg

おいしいお菓子をつくることはもちろん大事ですが、こういった販売に関する実務もパティシエにとってはとても大事なことですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >クラス対抗で球技大会を行なってきました
次の記事 >お互いの良い部分を学んでいきます

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」