先を読んで動けるように
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.04.16
先を読んで動けるように

洋菓子本科では1年生の後半くらいから徐々に、授業時間内に複数の製品を同時進行でつくるようにしていっています。

20150416-3.jpg

今日の洋菓子本科2年生では、「ダックワーズ・オ・フリュイ」と「クレーム・ダンジュ」、「トロワ・ショコラ」、さらに先日の実技講習でパティシエ・シマの島田シェフに教えていただいた製品をアレンジして追加、計4品もの製品を朝から一日かけて実習でつくっています。

20150416-5.jpg 20150416-1.jpg

各クラスに必ず先生は2人以上いる状態で実習をしていきますが、先生はあくまでもサポート役。

学生たちがまわりの状況を見ながら自分で考えて、先を読んで動けるようにしていくことが何よりも重要なんです。

一人ひとりの技術がもちろんあってこそですが、チームでつくるのはそういった意味もあるんですよ。

20150416-4.jpg

こういった能力は、多くの経験をしていく中でしか身につけることができません。そのために、より多くの実習時間を確保しているんですよ。

たくさんつくる中で、しっかりと身につけていきましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >トップパティシエによる特別授業です
次の記事 >とにかくたくさんつくってみる

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」