機械を用いてのパンづくり
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.04.13
機械を用いてのパンづくり

これから始まってくる製パン実験を前に、パン本科1年生ではミキサーやモルダーなどの機械を用いての食パンづくりが始まりました。

20150413-7.jpg

製パン実験とは、基本的な製パン法を学びながら各種材料や工程を変えて、実際にパンをつくる中でデータを収集して、パンづくりを科学的に検証していく授業です。

20150413-6.jpg 20150413-9.jpg

先週までは手仕込での食パンづくりを行ない、微妙な生地の状態の変化や成形時のポイントを学んできましたが、ここからは機械・器具の取扱い方も含めて、より本格的に製パン技術のベースとなる部分を体得していきます。

20150413-8.jpg

パンは生きものといわれますが、これは比喩ではなく本当なんです。デリケートなパンづくりだからこそ、一つひとつを丁寧に学んでいきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >就職ガイダンスを行なっています
次の記事 >基本の生地づくりを身体で覚える

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」