アルザス伝統のレシピを学ぶ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.02.26
アルザス伝統のレシピを学ぶ

今日のパン本科2年生では、急遽、特別授業を行なっています!

フランス・アルザス地方メルツヴィラーにて
「ブーランジェリー デュロンベルジュ」を経営する?ロラン デュロンベルジュ 社長にお越しいただいています。

20150226-1.jpg

食材や品質にこだわって代々受け継がれてきたアルザス伝統のレシピの中から、バゲットやプレッツェルなどの伝統的なパンはもちろん、ショソンやタルトなどのパティスリーも教えていただいています。

実は、デュロンベルジュ 先生は、ブーランジェリーでもありパティシエ、ショコラティエでもあるんです!

また、フランス国内だけでなくイタリアやチェコなどの各国でも講師として活躍されてきた実績を持つ経験豊富な先生でもあります。

20150226-2.jpg

製法やその手さばきなど、第一線で活躍されているプロの技術を、こんなに間近で体感できるなかなかない機会です。

また、本場フランスでの仕事の様子や体験談などのお話を伺える時間は本当に貴重ですよね。

卒業も間近に控え、学校での時間も残り限られてきましたが、この機会により多くのことを吸収してくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >節句を彩るお菓子
次の記事 >トータルで提供するために

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」