技術を活かすため「機械」を学ぶ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.01.30
技術を活かすため「機械」を学ぶ

限られた時間の中でしっかりと技術を身につけてもらえるように、月・水・金の週3回の授業展開をしている夜間部では実習の比率を昼間部以上に高めています。

でも技術者になるためには、知識も必要。
夜間部でも、昼間部と同様にそれぞれの専門の講師を招いて、短時間で効率良く学習できる体制にしています。

今日の夜間部 洋菓子専科・和菓子専科・パン専科の1年生では、いずれの学科でも欠かせない機具「ミキサー」の講義を合同で行なっています。

今回は講師として、製菓・製パン機械の製造・販売等を行なっている(株)愛工舎製作所より 森野 彰 先生にお越しいただいています。

20150130-1.jpg

ミキサーと一口に言っても、その種類はいろいろあるんです。
菓子店・パン店、ホテルなど、それぞれの用途や規模に応じて、現場ではさまざまなミキサーが使われています。

20150130-2.jpg

本校の実習室にもさまざまなミキサーがありますが、いい仕事をするためにはしっかりとした知識は欠かせませんよね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >ヨーロッパの伝統菓子
次の記事 >実技試験中です!

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」