実習の始まりはデモンストレーションから
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2015.01.16
実習の始まりはデモンストレーションから

本校では実習をする前に、必ず先生によるデモンストレーションを行ないます。

製品のつくり方はもちろんですが、それだけではなく温度管理や品質管理、材料の特性、現場で想定されることなど、さまざまなポイントもしっかりと説明していきます。

9919.jpg

今日の洋菓子本科2年生がつくっていたのは、「グラタン・ド・ベルガモット」や「スープ・ド・ココ」、「パード・ド・フリュイ」、「クロカンブッシュ」などなど。

9920.jpg 9912.jpg

レシピを見ただけではなかなかわかりにくい、細かな部分までしっかりと学んでこそ、安全でおいしいお菓子をつくることができるんです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >現場に対応できる力を
次の記事 >新しいパンをつくりあげる

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」