つくっては壊して、つくっては壊して・・・
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.11.21
つくっては壊して、つくっては壊して・・・

お菓子の表面にクリームなどを塗る作業や絞る作業は、現場で必要不可欠な技術です。

さらにプロのパティシエには、スピードとともに繊細な表現も求められます。

今日の洋菓子本科1年生では、クリームを絞ってバラの花をつくる練習をしています。

デコレーションケーキの上に飾られたりしますよね。
これが本当に難しいんですよ。

なんと、今日の午後の授業はずーっとこの練習です!(^^;

9661.jpg

つくっては壊して、つくっては壊して・・・
何度も何度もひたすら手を動かして、身体に感覚を染み込ませていきます。

技術はつくることでしか得られません。

専門学校だからこそ、こういった基本技術にもしっかりと時間をかけて、じっくりと取り組んでいけるんです。

とにかく練習あるのみ!

たくさんの失敗も大事な勉強。
頑張っていきましょう!(^^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >デリケートな米粉パン
次の記事 >和菓子の可能性を広げる

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」