技術の粋を集めた「クロカンブッシュ」
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.10.31
技術の粋を集めた「クロカンブッシュ」

今日の洋菓子本科2年生では、フランスの伝統的なウェディングケーキ「クロカンブッシュ」をつくっています。

9330.jpg

ヌガティーヌでつくった台の上に、小さなシューにアメをかけて円錐形に積み上げて、ドラジェやアメ細工で飾りつけていきます。

9343.jpg 9342.jpg

クロックとはカリカリした、アン・ブッシュとは口のことで口の中でカリカリ食べるという意味のお菓子で、結婚式のあとに積み上げられたシューを取りはずし、参列者全員が食べて祝福するというものなんだそうです。

9331.jpg

結婚式だけでなく、教会の洗礼や婚約式をはじめ、さまざまな祝賀パーティに飾られます。

今回のクロカンブッシュは飾り用ですのでシューの中にクリームは入れていませんが、通常はチェリーブランデー風味のカスタードクリームを詰めるそうですよ。

9339.jpg

頂上にのった白鳥やバラの花、リボンなどは全てアメでつくられています。

9335.jpg 9332.jpg

同じ大きさに
正確に絞ってつくったプチシュー、細かい部分の飾りにはパイピングの技術、そしてアメ細工の技術...これまで学んできたさまざまな技術が合わさった大作です!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >京都・丹波にて大納言収穫研修
次の記事 >個人作品にも取り組んでいます

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」