技術を身体で覚えるために
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.09.26
技術を身体で覚えるために

技術を身体で覚えるためには、反復練習は欠かせません。

それは限られた時間の中で学ぶ夜間部の授業でも同じこと。

9036.jpg

今日のパン専科1年生では、食物繊維たっぷりのオートミールを使用した食パン「オートミールブレッド」と「レーズンロール」の2種類をつくっていました。

今の時期、パン専科1年生の授業では、一つひとつのパンを形づくる「成形」に重点を置いて実習を行なっています。

今回は、めん棒を使った食パンの成形と、菓子パン等でよく用いられるツイスト成形に取り組んでいます。

9043.jpg

さまざまな製品を通して、その都度成形方法を変えています。
なるべく生地に触れる機会をたくさん設けて、効率良く繰り返し練習できるように、担任の先生たちがカリキュラムを組んでいるんですよ。

たくさんつくる。繰り返しつくる。
その中で多くの失敗を重ねながら、パンづくりの感覚を養っていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >季節感を活かしたお菓子
次の記事 >卒業アルバムの撮影中

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」