季節感を活かしたお菓子
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.09.25
季節感を活かしたお菓子

よくお茶席などに使われる「上生菓子」。

花や鳥、季節の風景などを形や色で表現して季節感を活かしたお菓子です。技術レベルも高く和菓子らしい美しさ、繊細なセンスが要求される分野でもあります。

9018.jpg

一口に「上生菓子」と言っても、「練切(ねりきり)」だけではないんですよ。

呼んで字のごとく、「上」等な「生菓子」類のことを「上生菓子」といいます。なので、浮島、こなし、金団、薯蕷(じょうよ)、雪平(せっぺい)など、さまざまな材料を用いてつくられます。

9009.jpg 9024.jpg

今日の和菓子本科2年生でつくっていたのは、雪平饅頭に羊羹を巻いた「里桔梗」(左)と
薯蕷饅頭の製品「小芋」(右)という上生菓子です。

9014.jpg

今回のモチーフである桔梗も里芋も、これから本番を迎える時期「秋」のもの。お菓子を通して季節を感じることができるのも、和菓子の魅力のひとつですよね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >チョコレートのピエスモンテ
次の記事 >技術を身体で覚えるために

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」