現場で技術を活かすために
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.09.08
現場で技術を活かすために

洋菓子本科1年生では、「フランス語」の授業と「色彩学」の授業が行なわれていました。

_MG_8914 (314x236).jpg

洋菓子の現場で予想以上に重要な位置付けにあるのが、語学。

フランス語のみならず、ドイツ語、英語など、実習でも普段からレシピを表記する際や製菓関連の専門用語は外国語も合わせて学んでいきます。

中でもとくにフランス語は大事です!

お菓子の名前や道具、製法など、洋菓子の現場ではフランス語が飛び交うことが多いんですよ。

今日は初めての「フランス語」の授業ということで、発音を含めた基本中の基本からスタートしていました。

_MG_8912 (314x236).jpg

また、お菓子をデザインするときに有効なのが「色彩学」。

洋菓子づくりにおいて、色彩的センスは必要不可欠ですよね。

色の持つ意味やカラーコーディネートも含めた総合的な「色彩学」を学ぶことで、商品開発などにも活かしていって欲しいと思っています。

こちらもまずは、基礎理論から学んでいき、デッサンやケーキのデザインまでを行なっていきます。

近い将来に現場へ出た時、身につけた技術をより活かしていくために、今後も必要になると思われる内容は幅広く学んでいきますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >次世代のパティシエに求められる技術
次の記事 >学生祭準備、着々と。

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」