考えながらつくる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.09.05
考えながらつくる

今日の洋菓子本科1年生では、「シャルロット・ポワール」と「シフォンケーキ」の2品をつくっていました。

_MG_8901 (1000x750).jpg

1年生も徐々にですが実習の中でつくる品目や品数が増えてきましたね。

限られた授業時間の中で、いかに効率良く作業を進めていくかがとっても重要になります。

_MG_8895 (1000x749).jpg _MG_8899 (1000x752).jpg

次の工程やそれに使用する道具や材料、さらに後片付けもしながら、手順を考えて状況を見極めながらグループごとにお菓子づくりをしていきます。

例えば今日の場合だと、ケーキをカットする人、カットしたケーキにセロファンのテープを巻いてショーケースに並んでいる状態に仕上げていく人、次に仕上げていくシフォンケーキを型から外して準備する人、などなど...グループ内で作業を分担して、みんなでつくっていきます。

一人ずつの技術ももちろん大切ですが、次のことや周りのことなども考えながらつくっていく能力も、パティシエに求められる要素のひとつなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >塩梅を身につける
次の記事 >次世代のパティシエに求められる技術

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」