徐々に次のステップへ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.09.02
徐々に次のステップへ

2学期に入り、パン本科1年生ではこれから徐々にですが、これまでよりもさらに難易度の高い製品を学んでいくようになっていきます。

_MG_8858 (1000x749).jpg

今日の授業はその前の準備段階として、比較的扱いやすい製品を通してそれらの予行練習ともいえるような実習を行なっていました。

_MG_8857 (1000x751).jpg _MG_8862 (1000x753).jpg

ハード系のフランスパンなどに入る前に、油脂が入っている分、扱いやすい「ドイツコッペ」を通してクープ等の練習を。

さらにシート状のチョコレートを折り込んでつくる「チョコレートブレッド」で、クロワッサンやデニッシュなどの折り込み生地の練習を。

そして、来年研修旅行にいく予定のドイツやオーストリアなどでポピュラーなテーブルロールの「カイザーゼンメル」も。

_MG_8863 (1000x752).jpg

パンづくりはほんの少しの条件の違いで、まったく違うものができあがることもあるくらいとってもデリケートなもの。

時には失敗することだってあります。

なぜこうするのか、なぜこのタイミングなのか。

そういった一つひとつのことに疑問を持ち、学生たちがつくる工程の中でしっかりと納得した上で次のステップに進んでいけるように...。

先生たちは少しずつそのヒントをまじえた製品で実習のスケジュールを組んでいっているんですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >楽しみながらつくる
次の記事 >塩梅を身につける

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」