カヌレ・ド・ボルドー
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.07.08
カヌレ・ド・ボルドー

「カヌレ・ド・ボルドー」というお菓子をご存知ですか??
その名の通りフランス南西部・ボルドー地方の伝統菓子です。
「カヌレ」とは、この特徴的な溝がついた模様のことで、カヌレに使用していた型にこの縦の溝が入っていることから名前がついたそうです。ボルドーといえばワインが有名ですが、その昔ワインの製造工程で多くの卵白を使用しており、修道院でその余った卵黄を使用して何かつくれないかと考えられたお菓子なんだそうですよ。

IMG_8572 (1000x750).jpg

日本でも以前大ブームになったお菓子なんですよ。
その時には、この型が日本人によって買い占められて、フランスの道具屋さんから消えたのではないかとも言われています。

IMG_8552 (1000x750).jpg

今日は洋菓子本科2年生で、この「カヌレ・ド・ボルドー」をつくっていました。
焼き上がるまでには、手間と時間がかかるんですよ。
その分キレイに焼き上がった外側はパリパリ、中はシットリの食感がたまりません!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >出来たてを提供する技術
次の記事 >小さな同じお菓子をたくさんつくる

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」