出来たてを提供する技術
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.07.08
出来たてを提供する技術

洋菓子本科の授業では、ホテルやレストランのデザートやカフェスタイルのお店等で、お客様に出来たてを提供することも想定した「アシェット・デセール」の授業も取り入れています。

IMG_8538 (1000x747).jpg

「アシェット・デセール」とは、皿盛りのデザートのこと。
お皿の上にデザインしたり、飾り付けを行なっていきます。

Crepes Suzette (1000x751) (2).jpg

今回、洋菓子本科2年生がつくっていたのは、こちらの2品。

焼いたクレープをオレンジソースなどでソテーして味を染み込ませた上にバニラアイスを添えた「クレープ・シュゼット」と、プティシューの中にアイスを入れてチョコレートソースなどをかけた「プロフィットロール」です!

IMG_8579 (1000x752).jpg

つくりたてならではの温冷感やライブ感が、より一層おいしさを盛り上げますよね。

なので、もちろんつくってすぐに試食します!(^^;

IMG_8576 (1000x753).jpg

味覚、デザイン性、バランス、それらをいかにして一皿の上に表現していくか。素材と素材の組み合わせはもちろんのこと、お客様に最適の状態で提供するにはどのようにすればよいか、技術だけでなく創造力も必要なジャンルです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >伝統の木型でつくる打菓子
次の記事 >カヌレ・ド・ボルドー

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」