和菓子の「生きた教科書」に学ぶ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.06.19
和菓子の「生きた教科書」に学ぶ

今日の和菓子本科2年生の授業は、業界の第一線で活躍されているプロを招いての実技講習です。

通常、それぞれのお店に就職しない限り目にすることのできない仕事ぶりを目の前で体験し、その手さばきやつくり方を身をもって知ることのできる本当に貴重な機会です。

IMG_8372 (1000x751).jpg

今回は、愛知県安城市より「御菓子司 両口屋菓匠」の 清水 利仲 先生にお越しいただいています。

IMG_8374 (1000x750).jpgのサムネイル画像

これからの暑い時期、夏に向けて寒天を使用した和風ゼリーやプリン、蓮粉を使用した製品などなど、今日一日だけでなんと7品も教えていただいたんですよ!

IMG_8368 (1000x751).jpg IMG_8371 (1000x751).jpg

模範実技だけでなく、学生たちに実習の時間も設けてくださいました。

技術やもちろんですが、立ち振る舞い、語られる言葉は、まさに生きた教科書。将来にきっと役に立つはずです。

実は 清水 先生、毎回学生たちのために前回とは違った品目を考えてきてくださっているんです。

IMG_8379 (1000x751).jpg

学生たちはもちろんですが、和菓子科の先生たちにとっても勉強になる内容でした。

清水 先生、ありがとうございました!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >世界一の技術を感じる
次の記事 >いつもありがとう!

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」