和菓子を掘り下げる「比較研究」
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.06.09
和菓子を掘り下げる「比較研究」

和菓子本科1年生では、「比較研究」の授業を取り入れています。実験的にさまざまな配合や製法、原材料を変えて、実際につくることで成功へのプロセスを学んでいくんです。

IMG_8302 (1000x749).jpg

今回は蒸し菓子の基本製品である「小麦饅頭」を題材に、「砂糖の量」、「小麦粉」、「膨張剤の種類」を変えての実習です。

IMG_8307 (1000x750).jpg IMG_8304 (1000x751).jpg

配合内の砂糖の量を変えてつくった場合に出来上がりの製品にどのような違いがでるか。

薄力粉を強力粉に変えてつくるとどのような変化がでるか。

さまざまある膨張剤の種類を変えてつくった場合はどのような違いがでるのか。

IMG_8309 (1000x751).jpg IMG_8306 (1000x752).jpg

色や大きさなど、出来上がってきた製品にだいぶ違いがあるのがわかりますか??

明日以降も、今日つくった製品がどのように変化するかを観察していきます。

IMG_8308 (1000x751).jpg

将来現場に出た時に、自信を持って取り組んでいけるように、今後もさまざまな比較研究を行なっていく予定です。

実際につくる中で、基本をしっかりと学んでいきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >モノをつくる仕事
次の記事 >小麦粉について学ぶ「原料学」

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」