餡に始まり、餡に終わる
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.04.03
餡に始まり、餡に終わる

和菓子ではよく「餡に始まり、餡に終わる」と言われます。

IMG_7932 (314x236) (3).jpg

餡玉を切ったり、餡玉での包餡作業は基本中の基本。
一見単純で地味な作業のように見えるかもしれませんが、この部分がしっかりとスムーズにできるようにならなければ、次のステップには進めません。これらの作業は和菓子づくりの土台となる大切な技術であり、欠かすことのできない毎日の仕事となります。

IMG_7927 (314x236).jpg

今日の和菓子本科1年生では、早速この餡玉づくりの練習を行なっていました。2日目にして、早くも実習です!

練習用の練切餡を使って、同じ量、同じ形の餡玉を目指して取り組んでいきます。1学期の終わりまでには、2秒に1個の餡玉をつくれるように、これから何度も何度も繰り返し練習していきます。

でも、スピードも大切なんですが、早ければいいというものでもありません。基本ができていないままでは雑な仕事にしかならないからです。基本技術を学ぶ段階では、一つひとつていねいな作業をすることのほうが大切なんです。

卒業後、現場に出た時に即戦力となれるように、学校でしっかりとした技術を先生に教えてもらいながら、集中してとことん練習して、身体にその技術を刻み込んでいきます。

菓子の道は一日にして成らず!
焦らずに、しっかり&じっくりと取り組んでいきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >引菓子
次の記事 >パンの基礎知識

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」